男性看護師の割合

男性看護師の割合

男性看護師を目指す人が年々増えてきていると言われていますが、実際に男性看護師として現場で活躍されているのは100人に5人の割合なんだそうです。約5%前後と、まだまだ少ないのが現状です。残りの95%は女性看護師なので、看護師は女性の仕事というイメージもなかなか払拭されずにいるようです。

 

とはいえ、ここ数年で男性看護師の存在が急に伸びてきていることから、今後はもっと男性看護師の割合が増えてくることが予想されています。そうなってくると、病院で男性看護師を見かけることも珍しくはなくなってくる時代がもうすぐくるのではないでしょうか?

 

看護師を目指す学校も、以前では専門学校などの看護師養成校や短期大学がほとんどだったのですが、最近では4年制の大学に看護学部が設立されるようにもなり、『男性でも看護師という職業に目を向けるきっかけが増えたことも大きい』ようです。

 

男女平等と言われる現代、男性の仕事、女性の仕事というイメージをなくすためにどの職業にも男性と女性の両方が存在してくるようになってきているように感じます。