看護師の勤務形態は病院によって違いますか?

看護師の勤務形態は病院によって違いますか?

看護師さんの勤め先である病院は基本的には24時間体制で患者の看護を行わないといけません。ですから、基本的には病院によって勤務形態が大きく異なることはありませんが、細かい点で交代制などで違う点が生じてくるようです。例えば、交代制でも2交代制と3交代制という二つの交代制があり、病院によって交代制も異なってくるようです。

 

2交代制は24時間の勤務体制を2つに区切った交代制で、基本的には1日12時間労働となっているようです。ですが、実際の現場ですが16時間と8時間に区切られているケースも多く、そこはまた病院によって異なってくるでしょう。

 

2交代制の特徴としては3交代制よりも休日が多くなる点にあります!

 

これに対して3交代制というのは、24時間を8時間に区切った交代制になります。基本的には8時出勤、16時出勤、そして0時出勤の三つに区切って看護をしていくことになります。3交代制の特徴としては休みのあとすぐに深夜帯から仕事があることでしょうか。もちろん、病院によって若干違いも出てくるでしょう。

 

このように、病院によって交代制も異なってくるようです。