看護師 給料 年収

看護師が満足する給料・年収の求人を見つけるために必要なこととは?

看護師給料・年収の画像

看護師の給料・年収は、勤務している医療施設や、地域、夜勤の回数、などで大きく違ってきます。給料・年収1000万の看護師もいるというのは、半分が都市伝説みたいなようなものです。

 

確かに看護師になって3年、4年で給料・年収が400万を超える人も少なくないのは確かなようですが、その後結婚や育児などで離職する人も多く、さらに昇給の率はあまり高くないようです。

 

看護部長クラスで給料・年収600万円前後、看護師長で500万円程度、主任で400万円くらいが平均と言われています。やはり、勤務した先の医療機関の体制などにもよりますし、手当などでも大きな差が出てくるようです。病院自体が公立や私立でも違います。そのため、看護師のパートや派遣の求人を考えている場合にはこれよりも少なくなるのは覚悟が必要ですね。

 

一般に私立の病院よりも公立病院の方が給料・年収は高いとされているようです。医療に携わる仕事ですので、強くやりがいを感じる反面、仕事がきつかったり勤務時間が一定ではないなど、仕事に対して不満がある看護師も少なくないようです。

 

3年続ければ400万円もらえる仕事は、割が良いかと感じるかもしれませんが、給料に見合った、もしくはそれ以上の労働が不可欠だということは間違いありません。そのため、看護師の中には給料や年収のわりに仕事が看護師の不足によってどんどん大変になっていると感じている人も非常に多いみたいなんですね。